春夏用作業服のメリット

作業を快適に行える動きやすさ

作業服で最も大切なのは、作業を快適に行えるような動きやすさです。それゆえ通常の衣類に比べて、作業服には動きやすい素材が使われていたり、動きやすい構造になっていたりします。特に春夏用の作業服には通気性が高い素材が採用され、熱が内部にこもりにくくなっています。また汗などで濡れたばあいでも、肌に張り付きにくい生地が使われます。

作業服は機能性にこだわって作られていますが、最近では見た目のデザインも優れたものが少なくありません。それぞれの季節に応じたデザインとなり、春夏用では見た目に涼しい感じの作業服などが出されています。現在の春夏用作業服には明るい色柄が多いですが、かつては春夏用も地味な色の作業服が一般的でした。それは明るい色は汚れが目立つからで、洗濯しても落ちにくいという理由からです。それが素材の進化により、汚れが落ちやすくなりました。

作業中の安全確保が大事

春夏用作業服は動きやすさが大事ですが、作業時の安全性を確保することも大切です。Tシャツなどは通気性や動きやすさは抜群ですが、作業中の安全確保には適していません。作業服に求められる役割に、怪我をしにくい構造も挙げられます。そのため作業服は殆どが長袖で、袖も長めに作られています。

春夏用作業服は、春夏用だからと言って半袖が主流になることはありません。作業現場によって半袖もありますが、原則的に肌が露出しない構造となります。また生地的にも外部からの衝撃等に強い素材が採用されています。何処かに引っかかって直ぐ破れるようでは、作業員の安全を確保できないと言えます。春夏用作業服の生地は薄目ですが、その分強靭な繊維で作られているものです。