春夏用作業服のデメリット

薄手が多いため作業の内容によってはリスクがある

春夏用作業服の多くは通気性や速乾性を重視しているため、比較的薄手に作られているものが多い傾向があります。そのため通常の作業服よりも熱や刺激を通しやすくなることから、作業の内容によっては普段よりも熱さを感じやすくなったり怪我などをしてしまうリスクが高くなることが考えられるのです。もちろん春夏用作業服の中には遮熱性が高いものもありますし、怪我のリスクを抑えるための防護性を高めているものも少なくありません。

そのためただ春夏用作業服だからと購入するのではなく、作業する環境や作業内容に合わせてどのような機能を備えているものなのか確認して購入する必要があります。特に火や危険物を取り扱う作業環境の人の場合は、その点を踏まえておくことが大切です。

防寒対策としては使えない

他にも注意しておかなければいけないのが、春夏用作業服は防寒アイテムとしての機能はあまり備えていないという点です。春や夏は防寒性よりも遮熱性や速乾性など、涼しく利用できることを前提として作られているものが少なくありません。このため作業服の中でも涼しく身につけることができる点を重視されているため、寒い環境で作業をする用途で作られているものはあまり多くない傾向があります。そのような特徴があることから、寒い環境で作業をする人にとって春夏用作業服を利用するのはデメリットになる可能性があるようです。

寒い環境で作業する人は、春夏用作業服ではなくきちんと防寒対策が施されている作業服を利用することがおすすめだと言われています。